なぜピープルアナリティクス×人材プラットフォームが重要なのか

リサーチの会社から始まり、今では200以上の企業を支援させてもらってる。
もちろん全力で。

その過程で疑問に感じたのは、「コレだけで、本当に課題解決になっているのか?」ということ。



正直、この手のエモすぎる文章は苦手…だけれども!
ちゃんと発信しないと伝わらないから、
私達の支援を必要とする人・この課題解決を一緒に追ってくれる人に届けたいから、
代表として、ビジネス戦闘力診断ノーダウト開発の背景を書いてみた。


なぜありがちなビジネス戦闘力診断に
700万円も?

 

人材プラットフォームの先駆けとしてリリースするビジネス戦闘力診断ノーダウトは、一見、よくあるチャラい診断に見えてしまうが、開発費は700万くらいかかった。単なる診断ではなく、人材データ×プラットフォームとしての基盤とすると見えないところにリソースがかかり、リリースまで1年もかけてしまったー。不甲斐ない。関わってくれた皆さんごめんなさい。涙

しかも、それでも、まだまだ途上。正直なところ、まだまだ見えてない部分が多い。
着実に仮説検証を繰り返して、これから10年かけてでも絶対やりきる。

 

裏側にある凡人コンプレックス

元々、兄2人が、天才型で(ロボコンの世界大会で優勝したり、国から研究費貰ってハーバードで研究してたり…)名だたる経営者の友人も多い。

凡人型の私は、才能の差を意識しながら育った。


挙げればキリないけれど、例えば、兄達は余裕で件で1番の高校に入る。
私はかなり勉強しても到底無理だった。
「お兄ちゃん達と同じ育ち方をしたはずなのに?」遅くまで勉強しても成果が出ない意味が分からない。という母のシンプルに不思議そうな眼差しは今でも忘れられない……涙

とにかく、嫉妬とかもないくらい圧倒的な差だった。
しかも兄は周りから好かれる特性を持っていて、私はコミュニケーションが苦手で友達も少ない方だった。
遺伝子よ…と笑

 

救えなかった事業の失敗→数十億損失の原因

それでも。やっぱり天才や起業家が好きで、
大手の内定を蹴って、当時30人に満たないベンチャーへ。

社内外、凄い才能と情熱を併せ持つのに、数十億円を溶かすような大失敗も多く目の当たりにすることに。何も出来ない自分が辛かった。

なんでそんなことが?
と、30事例以上事業の失敗原因を分析してみて多くの根本要因は顧客ニーズ・人・資金とわかった。

その中でも、「適切に顧客ニーズを把握し、戦略設計をひくこと。」
これは、事業の成功確度を左右するにもかかわらず、誤った手法で進められがちで、潜在課題として大きいと考えた。

だから、まずは、適切な顧客検証の障壁を下げることの課題解決がしたくて。
そこでなら、凡人の自分でもそこそこ価値の提供ができるのではないか?と思って、
貯金の1000万円すべて投じて起業した。

 

マーケティングの会社を脱却しなければならなかった理由

ただ、200社支援する中で、正直、大きく成果をあげられないケースもあった。
利益は上がるけど、心から喜んでもらえていないというか。
そう、顧客戦略の支援だけじゃ弱いとわかってしまったのだ。

恐らく、起業家にとって一番辛いことの一つに、「取り組む価値が見えなくなる」があると思う。
が、まさにそれ。社員やメンバーに言うわけにもいかないし、ひとりでずっと考え続けた。

そんな日曜の夜中、モヤモヤしながらも仕事をしていたら、たまたま、
ある起業家コミュニティのオンラインでの相談会が始まった。
(今も携わらせて貰ってる、WEINコミュニティの前身です。笑)

戦略を理解したプロが相談に乗ってくれたり、
皆も頑張ってるんだなと思うと、なんだかわからないけど物凄い安心感がでてきて。
思い返すと、支援先の事業家が本当に喜んでいてくれたケースの共通点は、
戦略を理解し、コミットするプロのいるチームを組成できていたこと。

やっぱり、本気で頑張る人に一番大きいのは、「頼れる仲間」なんじゃないかなと。
糸が繋がった気がした。

逆に、頼るべきではない人を船に乗せてしまった場合の痛みも大きい。
世の中にはサービスが飽和しているが、人や組織による悩みやストレスは重く、挑戦を阻む。

下記は実際に経験した/見たケースの一部・・・

本気で頑張る人だからこそ、ぶちあたる人材・組織の課題

① 他責・繊細系メンバーによってチーム崩壊

マネジメント能力不足のリーダーが、重大なミッションを抱えながらのメンバー(能力があってもミッション共感がなく、陰口を言うタイプだった)との板挟み・配慮にストレスで何も食べれない&蕁麻疹が。

 

② 紹介した人材が、お世話になった人に400万の損失

善意で紹介した人材が期限遅れる・事故る・揉める 精一杯のフォローも徒労に。

③ 役員の裏切り

 信頼していた役員陣のクーデター。会社が正義のないかたちで乗っ取られ、ビジョンごと崩壊する。

④ 仙人系人材がプロジェクトを止まらせる

 やる気があって真面目だからこそ、期待値の抽象度が高くても引き受けてしまう。それに沿えてない場合に連絡がとれなくなり大事故を引き起こす。シンプルな詐欺師と違って採用の際に見極めが難しい。

 

どうして、人材のミスマッチが起きるのか

どうしてこのようなことが起きてしまうのか?原因は大きく下記に大分されると思う。

①業務/人材要件が曖昧

②頼るべき優秀な人材にリーチが出来ない

   ※優秀な人は人材市場に出にくい

      ※単一人材会社ではダイヤモンドの原石人材の取りこぼしが発生)

③高報酬/高スキルの根拠がなく、頼ることの機会損失

   ※盛っている人との区別がつかない

 

人材のマッチングは大きな社会課題に直結している

顧客ニーズと戦略がある上で、適切なチームを作ること,この失敗は日本からユニコーンなど良質なサービスを生み出すことを阻んでいるのだ。

・日本経済の衰退、存在感の低下

・挑戦者の再起不能の大失敗

・経営者、リーダーなどの国にとって重要な人材のうつ病・自殺

 

「HARD THINGSを乗り越えろ」を超えたその先

大失敗(HARD THINGS)で芽をつぶさせないための、武器を提供したくて、理念を「HARD THINGSを乗り越えろ」に掲げていた。ただ、乗り越えた先に何を提供したいのか、明確にできていなかった。

200社の支援の中で本当に色々あって(笑)
「才能と情熱に溢れる」「社会に大きなインパクトを与えられる」そんな人や組織の成功をがっつり押し上げられる存在になりたい、それがコアだとわかった。

仮説検証志向なので、色々取り組んでいるように見られるが、ここを理解してくれている人からは、「一貫して本当にブレないよね」と言われるくらい、変わらない強い想い。

 *自分がテンションが上がった瞬間に向き合うことで早い段階から気付けていた。逆に、グルメ・おしゃれ・海外旅行などは、びっくりするほどテンションが上がっていなくて。単に金銭的な報酬が増えても、自分にとってはなんの意味もないことが発覚した。笑

 

「才能と情熱を加速する」

社会に大きな価値を出したいと本気で思い、それが実現可能である才能を併せ持つ人が、必要な戦略と仲間を世界中から得られるようになる。
大きなチャレンジができ、価値ある面白いサービスが増え経済がまわる。そんな状態を作りたい。
追うべきコアを設定しなおした。


言うは易し…プラットフォーム構想実現の根拠とは?

 

才能と情熱、どちらも強くでも、上手く、マネタイズや仲間集めができないと、大きな価値が生まれない。また、才能や情熱が大きければ大きいほど、欠点も大きく、リスク要素を抱える。表裏一体である。
ただ、誰しも、好きで得意なことだけに注力することが一番パフォーマンスが上がると強く主張したい。

欠けているところを可視化すれば、トレーニングや、チームを作ることで補える。
だから、それがかなう人材プラットフォームを作りたい。

私達のプラットフォーム構想のユニークな点は主に下記である。

・複数の人材会社・コミュニティを連携診断やパフォーマンス評価のデータを蓄積

・利益よりも、人材とデータの蓄積/パフォーマンスとの整合性にフォーカス

 (利益を追うと、どうしても人材を無理やりにでもアサインする原動力が強くなってしまう。時間がかかっても、最高のチームを作るためのマッチングとして、研究開発に寄せて取り組んでいきたい。本当に価値があるものにしていくにあたっては、私自身の力不足も否めないので、少し回り道をすることになるかもしれない。けど絶対やりきる。

同じ課題感や想いの方、一緒にやりませんか?どうか、力を貸してください。

 

株式会社まーけっち代表取締役社長 山中思温

 

 

◆無料で300人のプロフェッショナルを活用 人材の採用診断も 

私達、株式会社まーけっちは、
経営方針や事業計画の徹底したヒアリングに基づき、採用計画や必要な人物像の策定からご提案まで行います。

正社員は勿論、副業・フリーランス人材の選定も、専門家がコミット!
「頼るべき仲間が見つかる」 自社採用は勿論、在宅や外部のワーカーの活用のための ビジネススキル・適性診断を開発しました。
期間限定で無償お試し可能! ご興味があるという方はお気軽にお問合せください。


採用スクリーニング診断とプロフェッショナルプラットフォーム


・資料の無料DLはこちら

 

 

◆代表プロフィール



株式会社まーけっち 代表取締役社長 山中思温

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 山中思温12-217x300.jpg
 
 

マーケティングリサーチのプラットフォームの企業で、 最年少で事業部を立ち上げ、広告予算ほぼゼロで、国内トップの実績を達成。


中小・スタートアップ企業のマーケティングに関する構造的課題を痛感し、それを解決するため、株式会社まーけっちを創業。大手企業・国家機関・スタートアップなど100社以上の戦略支援を行い、コミットと売り上げ貢献成果に定評がある。上智大学外国語学部卒。




◎副業・フリーランス登録のご相談もお待ちしています!

◎FACEBOOK
 ◎Twitter

 

マーケ屋必見!!最強リサーチテンプレート&ノウハウを無料プレゼント!