【40事例! 記事・広告 最適化編】戦略的 記事広告・コンテンツ作成のコツと手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

優れた商品でもターゲットに興味を持たれず、売れない!ということが非常に多く起きています……
そんな場合に救世主となる、「買いたい」と思わせるコンテンツ制作の戦略とテクニックの掟について、徹底解説!

前回の、【徹底調査編】 確実に「KPI」を爆上げするコンテンツをつくる 8手順では、準備の調査がいかに重要であるかと、実際のリサーチの方法についてお伝えしました。キーワードツールなど、無料のリサーチ手法も活用できるので、ターゲットの興味関心・課題×コンテンツでの訴求価値 の検証はおざなりにしないように徹底しましょう。

さて、今回は、実際にどんな内容を盛り込むべきかについてお伝えしていきます!

STEP5 購買に繋がる要素を踏まえて、訴求文言・コピーを決める

広告・コンテンツ作成する際に、ターゲットの注意をひいて、そのあとに「買ってもらう」為の必須要素を踏まえられていますか?
工夫とともにご紹介。


1 特徴や訴求点が印象に残るか

特徴が際立っていて印象に残らないと見てもらうことさえできません。まずは興味を持って詳しい内容を飲んでもらう必要があります。
広告・コンテンツ作成する際の必須要素を40以上の事例を交えてご紹介します。

どういったパターンの訴求方向にするかを整理できていると、
ターゲットユーザーごとの広告・デザインの訴求効果の検証もしやすくなります!

■工夫事例 ※外部制作の広告・コンテンツの最適化事例も含みます。

・強い言葉で断定する  

・わざとネガティブなワードをいれる
  
・否定や命令形にする


・危機感を煽る


・新しい視点を与える


・役立つ情報を提供する  
 

・「1位を獲得」など具体的なデータや数字を入れる


・感情に引っかかるキレのある言葉やデザインを入れる


・希少性を訴える
広告・デザイン例  

・こ だわり、苦労アピール  


 ・ユーモアを交える(ダジャレ・面白系)


2 自分向きかどうか・自分事化できるか

自分ごと化とは世の中に溢れている情報の中で「これは私向きの情報」として捉えてもらうことです。
自分にメリットがある情報、として受け止めておられなければ、勿論、興味を持ってもらえません。あなたに向けた商品ですよと言うことを伝える必要があります。

■工夫事例

・ターゲット層を具体的に明記:
「ダイエットしてもなかなか痩せなくなった40代のあなたへ」「肌トラブルのない人にはお送りいたしません」など

 

・擬人化  「猫の私にしか、この辛さはわからない」


・近親者での訴求「娘が一番引き立つ年賀」

・消費者の声を代弁 :「普通の洗剤でしょう?と思ってましたが…」

・同じ価値のサービスと費用対効果比較


・行動の矛盾をつく:「 パソコンに長く向かう人ほど、ブルーライトを気にしない。」


・ターゲットユーザーが普段使う道具や興味を引きそうな画像のデフォルメ


3 納得感を高める

消費者に納得感を持ってもらわなければ購入までの態度変容が起こせません。
読み手が納得する根拠を示してあげられると良いでしょう。

■工夫事例

・価格・メリットの理由を整理


・客観的な数値等の実績を入れる


・意外性のある事実を伝える :「人の印象は見た目が9割」


・第三者の推奨の掲載


・権威性のある期間のお墨付きの掲載

・メディアでの掲載事例紹介


・著名人インタビュー記事


・第三者の実例「やってみた」


・あえて弱点を晒して、メリットの納得感を際立たせる


・比較やランキングコンテンツ


・ビフォーアフター実績


4 購入への1歩の後押し

広告・記事広告などのコンテンツからウェブサイトや店舗へ誘導し購入へ導くダメ押しが必要です。

■工夫事例

・時間のリミットの提示:「期間限定キャンペーン」


・リスクを軽減するオファーの提示:「返金保証」


・お得感ダメ押し:「特別セット販売」



※ 私達、まーけっちは、ターゲット目線・リサーチを重視したています。本記事でお伝えした、戦略・テクニックを全て盛り込んだ上での、ユーザー向けのキャンペーン実施・広告のバナー等クリエイティブのデザイン・プレスリリースや記事広告の制作・制作支援が可能です。

ぜひ、お気軽にご相談下さい。お問い合わせはこちらから。


コツの伝授はまだまだ続きます・・・!

※ストーリー性の付与

消費者の買いたいと言うスイッチを押すためにはまずその企業を好きになってもらう必要があります!
プレスリリースや記事の内容に共感してもらう必要があるのです。したがって一般の人に支持されないストーリーは取り上げられにくいのです。
訴求内容にどのようなストーリーを付与できるか検討しましょう。

共感を呼ぶストーリーとは

1 社会課題に関連する (貧困・自由・平和平等など)

多くの人の心を打つ、共感を得るには「自分のサービスがどう社会に繋がっているのか」ということへの理解、そして言語化が非常に大事です。



2  一般の人の興味関心や価値観に根ざしている  

広告やコンテンツのターゲットが、高所得者や富裕層であったとしても、ストーリーとして共感され、経済や拡散されるためには、高所得者や富裕層ではなく、一般の人の価値観に根差している必要があります。



3 社会を大きく変えられる根拠がある


「世界で一番の●●になる」などの、大きな目標と、それを実現しそうな、技術や人材など、確からしい根拠が必要です。
例:「日本独自、最先端の○○技術を活用し、世界で一番の●●になる」

4 1番手や先駆者になろうとしている

「今まで成し遂げられてなかった●●を達成する」「●●領域でのトップランナーになる」と、一番手や先駆者でうたうことも、広告やプレスリリースとして注目を浴びやすいです。特に、既にそういった目指している方向への実績があると強いです。



5 逆境やマイナスからの挑戦

「2億の借金からの大富豪」「ビリでも慶応へ」など、苦労を乗り越えた・ギャップがあっての成功はストーリーとしても取り上げられやすいです。

上司を説得

これらの共感を呼ぶストーリーの要素を企業の歴史や商品の企画開発背景や裏側などとして組み込むめると良いでしょう。



ターゲット×訴求内容 戦略の落とし穴

ターゲットを明確化し、その層の興味や課題にあわせて訴求内容を決めることはとても重要です。
しかし…… 「あなた達向けに作りました!」ということを 直球で表現してわかりやすくしすぎたり、意図が透けて見える広告・コンテンツは逆効果となり嫌われます。
「こういうのが好きなんでしょ」 という押し付けや上から目線のメッセージはコピーに捉えられてしまわないよう、注意が必要です。

あえて、少し年齢や階層が上の層に支持されるようなコンテンツを意識したり少しわかりにくく不親切にして興味を持たせ合わせるようにする工夫も必要な場合があります。

STEP6 コンテンツ・広告 プロモーションの種類・手法の選定

STEP5で決めた「訴求価値」が「ターゲット」に伝わることに必要な情報量に併せて、コンテンツ・広告 プロモーション手法を選びましょう。
主要な伝えられる最大の情報量と一般的な製作コストをまとめました。

「訴求価値」や「キャッチコピー」が未検証の場合は、製作コストが低いもので複数パターン検証すると良いでしょう。
※何度も言いますが ターゲット層に対しての十分な検証が出来ているかは注意です。

■バナー画像

情報量: ★
分かりやすさ:★★
製作コスト:★
相性の良いサービス:視覚的インパクトを出せる商材、差別化要素や価値を一言で伝えられる、既にブランド価値が浸透している商品・サービス


■LP/コーポレートサイト

情報量: ★★★★★
分かりやすさ:★★★
製作コスト:★★★★
相性の良いサービス:視覚的インパクトを出せる商材、差別化要素が多いが、一つに絞り切れない商品・サービス

最近ではぺライチWIXなど   無料で簡単にLPやWEBサイトが作成出来るツールもあるので、予算が少ない場合は活用できるといいですね。
製作コストを検証を省く言い訳にしないこと!


■記事広告・プレスリリース

情報量: ★★★★
分かりやすさ:★★★
製作コスト:★★★
相性の良いサービス:差別化要素に優れているが、まだ商品・サービス認知やブランド認知が低く、商品価値を詳しく知ってもらえれば、購入・利用される商品・サービス


■動画コンテンツ・動画広告

情報量: ★★★★★
分かりやすさ:★★★★
製作コスト:★★★★★
相性の良いサービス:ストーリー性・エンタテインメント性の高い商品・サービス

STEP7 ターゲットに価値が響くか 広告訴求パターン×効果の検証

ターゲットに訴求価値が響くか、響かないか、 広告訴求パターン×効果の検証をしましょう。
広告のコンテンツ・内容検討段階で対象ユーザーへの簡単なアンケートリサーチを踏んで、良パターンの絞り込みと改善をできると良いですが、
そこまで手間をかけられない という場合は、周りでターゲットに近い人を見付けて、数人でもヒアリングしてみましょう。
(実際の広告と同じようなシチュエーション・時間で閲覧し、意見をもらうことが重要です。)

広告パターンごとのアンケート評価 リサーチ例

■広告コンテンツで意図した効果がでているかの検証リサーチ



■広告コンテンツで訴求する効果価値がどの年代にささるかの検証リサーチ



いかがでしょうか。少しでもご参考になれば幸いです。
拡散編ではメディアに拡散させられる方法もお伝えいたします。


私達、まーけっちは、ターゲット目線・リサーチを重視したています。本記事でお伝えした、戦略・テクニックを全て盛り込んだ上での、ユーザー向けのキャンペーン実施・広告のバナー等クリエイティブのデザイン・プレスリリースや記事広告の制作・制作支援が可能です。

お気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちらから。



◆リサーチ×プロモーション独自ノウハウ資料がダウンロードいただけます!

「新規事業を成功させたい!」「商品やサービスを求める人にもっと届けたい」
本気でそう思う方であれば、
ユーザー理解とマーケティング最適化は、必ずお役に立ちます!

定着率UPの秘訣

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*